2016年のドル円を計算する。

番外編です。

来年の予想をちらほらと見ます。
この時期になると去年もTwitter同じことを書いたのですが
とても気になることがあるのです。
それはドル円の値幅率のことです。

簡単に言いますとドル円は

最低 約10% 平均15% 動くということです。dfs

それでなんで2016年が気になるかといいますと
2015年は全然動いていないんですね。
過去最低の値幅割合の8%を記録しています。

つまりエネルギーをためて終わったということです。
ということは、最低でも平均の15%は動く可能性があります。
過去最低だった2006年の後も9%の次は14%になっていますから近い値です。

15%だと値幅がこのまま120円位で終わったとしますと

値幅は120円☓15%=18円です。

そうなるとどれも想像がつかないのですが3つのケースを書いてみます。

1.円安が進み 120+18=1ドル138円になる
2.120円を中心として1ドル112円~128円になる
3.円高が進み 120-18=1ドル102円になる

この3つが考えられるのですが
正直どれも想像できません。。。。。

しかし、値幅率で考えたらどれか(もしくはそれに近い値になる)になると考えたほうがよさそうな気もします。

それはどれなのか。。。。。
それは来年2017年の予想で改めて書きますね。

追伸 もし2か3になった時の日経平均を考えたら。。。。キャーーーー

追伸の追伸 もちろん平均以上動くこともあるわけでそれが2か3の時だったら日経はさらに。。。。キャーーーー

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

546546

◆ランキングクリックにご協力お願いします。m(_ _)m◆

    にほんブログ村 株ブログへ


2015-12-25 | Posted in Kabu Pony(Blog)1 Comment » 

新着記事

コメント1件

 トムとジェリー | 2015.12.26 0:41

ジリジリと円高が進む
と予想します。

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)