2018-11-27

ジャパンインベストメントアドバイザー( JIA 7172)の決算と飛行機リース事業を分析しました

JIAの決算を調べてみました。

ジャパンインベストメントアドバイザーの決算

1年半前に過去にブログを書いたのですが一年半前はパーツアウトが主力になったかなと思ったのですが、オペレーションリース事業がとにかく大幅に業績を引っ張っていますね。

なぜそれだけ売れるのかといいますと1件あたりの組成案件が大きくなっていることが言えそうです。

販売ネットワークが増えているのも売上拡大に寄与していますね。

ジャパンインベストメントアドバイザーの飛行機販売

ではなぜ飛行機が売れるかと言いますと、

リースの利益&売却益を期待できます。飛行機の需要がなくなることはなさそうです。

 

とはいえ、一番は大きな減価償却を享受できる。という税金のためのものですね。

ジャパンインベストメントアドバイザーで気になること

さてJIAは今年の夏に新株発行で増資しています。

 

利益でお金がたくさん入っているのでは?と、思い2Qの営業活動によるキャッシュフローをみてみますと

大幅にマイナスになっています。

つまり儲かった資金は次の出資金にお金が流れるわけですね。

 

オペレーションリース事業は強引に言いますと

飛行機・・・・・マンション

商品出資金・・・建設中のマンション

とマンデペ企業と同じように考えたらいいのかな。とも思いました。

 

と、なると急成長を見込んで仕入れたものが売れなかったときはかなり怖かったりします。

とはいえまだその兆しはなさそうです。

今後の成長が楽しみですね!

 








Kabu BerryのLINE@ イベント情報を最速でお伝えします







   にほんブログ村 株ブログへ
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください