『本読み』と『電子書籍読み』は違うもの?(アルファポリス 9467)


文字を読む。

ということに関しては
紙であっても電子媒体であっても同じだとは思うのですが

どちらかに慣れると片方のみを利用する。

ということになるものかなとは思うのです。
両方とも満遍なく読める人は少ないように感じます。

そう考えたら
『ライトノベルの本が好き』と
『ライトノベルの電子書籍が好き』は
似て非なる者なのかもしれませんね。

ライトノベルを販売するアルファポリスが好調な決算をうけ株価が大きく上がっています。

確かに1Qとは全然違いますね。

なんで違うのかといいましたら電子書籍化開始したというのが一番大きいかと思います。

ちょっとだけ本より安く発売されてますね。
(ただ発売されていたとしても印刷代とか)

アルファポリスの小説はネット発ですので
本より電子書籍との相性がいいのかもしれません。

だったらもっと早くやるべきなのではと思うのですが
二年前に社長は

質疑応答で


◆再販制度がなく価格崩壊の可能性がある
◆電子書籍はほとんど漫画
という理由で積極的ではない対応をしていました。

ということは二年の間に
電子書籍市場が成熟し始めた可能性もありますね。

アルファポリスは漫画はまだ電子書籍化してませんので、それがうまくいった場合さらに伸ばす可能性があります。

ぼくも正直いいまして

『電子書籍化したら今まで本を買っていた層が移るだけで変わらないのでは。。。』

と思ってましたが実際は

『ライトノベルは好きだけど本は買わないけど電子書籍は買う層』

がいたということになりますね。

アルファポリスは赤字のゲーム事業をどうするのか?とか(さっさと辞めたほうがいいと思うのですが。。。)ライトノベルは異世界ばかりで異世界が好きではない人への作戦はないのか。

という所はいろいろ気になるところですが色々な事を試していく姿勢は素晴らしいと思います。これからも楽しみですね。

■予約受付中■


   にほんブログ村 株ブログへ

2017-11-23 | Posted in Kabu Pony(Blog)No Comments » 

新着記事

Comment





Comment



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)