2018-06-11

名証IR EXPO 2018の初出展企業をくらべてみました


名証IR EXPOはたくさんの企業が出展します。
http://www.nse.or.jp/ir_expo/2018/investor/list/
投資家にとっては直接企業の話が聞けるありがたい機会になります。

名証上場全部ではなく出展しない企業ももちろんあります。
費用もかかりますので仕方のないことかもしれません。

しかし、そのような中、今年初出展の企業が5つあります。
本当に感謝です。
ということで名証IR EXPO 初出展企業をくらへてみました。

比較銘柄

ABホテル(6565)・・ホテル

旭精機工業(6111)・・プレス機や航空部品

トーエネック(1946)・・中電系電気工事大手

ミダック(6564)・・・産廃業者

美濃窯業(5356)・・セラミック、耐火物

ABホテル、ミダックは上場直後の出展ですね。
旭精機、美濃窯業は参加OKになった舞台をみてみたいです。

◆売上、経常は来期見通しより、BPS,PBRは今期実績より計算しています。株価(時価総額)はデータ入力時(2018/6/11)のものになります。◆

1.増収率と経常増益率をくらべてみました。


ABホテルの増収率の良さは予想できたのですが、ミダック、美濃窯業の増益は目を見張る者があります。今期の利益はほんとにプラマイゼロになるのかなぁ。

 

2.売上と営業利益、営業利益/売上をくらべてみました。

当然ながらトーエネックの規模の大きさがめだちます。さすが中電系です。

3.PER、PBRをくらべてみました。

美濃窯業は増益の割には評価低いです。名証2部だからでしょうか。

旭精機のPBRの低さも目立ちますね。

4.ROA、ROE、自己資本比率をくらべてみました。

ABホテルとミダックは違う業界ですが似たようなROE,ROAですね。

5.配当利回り、配当性向をくらべてみました。

旭精機の配当の高さが目立ちます。

まとめ

ABホテル(6565)・・・超人気株です。豊田周辺のホテル需要はまだまだあるのでこれからも人気が続いてもおかしくありません。

旭精機工業(6111)・・・不人気だけど高配当、PBR0.5とバリュー株の王道?です。長く持つことができそうですね。

トーエネック(1946)・・資産株になりそうです。配当もしっかりでますし利益も安定してでそうです。

ミダック(6564)・・・営業利益率も高く産廃はなくなることがありませんので、これからも成長が楽しみな企業ですね。

美濃窯業(5356)・・・成長の割にはPER,PBR低いなあ。と思います。今後成長しないのか名証2部が理由なのか。

どの企業もこれからも頑張ってほしいですね

 

KabuBerryからのお知らせ

KabuBerryで申込されますと名証に申込不要で7/21のIR EXPOを楽しむことができますよ!

■予約受付中■

      にほんブログ村 株ブログへ

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください